脳細胞が死んでしまう認知症|症状の予防法

木

より高い効果を得るために

魚

1日の摂取量の目安とは

DHAのサプリは血行を良くするのに効果的だといわれています。健康診断を受けた際などに動脈硬化の傾向があるという指摘を受けた場合には、DHAを積極的に摂取するようにした方がよいでしょう。そこで1日にどのくらいの量のDHAを摂取すれば動脈硬化対策として効果的かというと、いくつかの説がありますが少なくとも500ミリグラム、多い場合で2000ミリグラムくらいとされています。したがって大体1000ミリグラムを目安としてDHAを摂るようにしましょう。食品でDHAを摂る場合はそれぞれの品目によって含まれている量にかなりの差があるので、一覧表などを用意して計算する必要があります。しかしサプリであれば含有量も摂取量の目安もきちんと表示されているので手軽で安全に利用できます。

アレルギーの改善には

DHAをサプリで摂るときは、EPAも一緒に摂るようにするとなお効果が増します。EPAも血行を改善する効果を持つという点では共通していますが、中性脂肪に対する改善効果でいえばEPAの方がより優れているとされています。どちらも不飽和脂肪酸であるオメガ3の仲間ですが、その健康改善効果はそれぞれ単独で摂るよりもふたつを同時に摂った方が相乗効果によってアップするということがわかっているのです。DHAにはアレルギーの抑制効果があることが近年になって解明されていますが、EPAにも同じようにアレルギーを改善する作用があることが知られています。したがって、アレルギー体質の人はDHAだけでなくEPAも同時に摂るとより高い効果を得ることができます。