脳細胞が死んでしまう認知症|症状の予防法

婦人

健康成分の活用法

レディ

ダイエット中は、サポニンなどの成分を利用すると脂肪の吸収を抑えることが出来ます。サポニンは脂分を溶かす働きがあり、コレステロールや脂肪が気になる方にも最適です。毒性のあるサポニンも存在するため、サプリを使用する際は適量を守ります。

もっと読む

足りない成分を摂り入れる

サプリ

血糖値が上昇してしまう糖尿病を防ぐためには、血糖値を下げる成分を欠かさないことが大切です。マグネシウムやビタミンなどの成分をサプリメントで摂り入れることで、糖尿病を防ぐことが可能です。

もっと読む

生活に支障をきたす病気

男の人

効果的な食事

脳は、人間の活動をコントロールしています。認知症とは、脳細胞が死んでしまうことによって様々な障害が起こり、生活することが困難になる状態のことです。認知症の高齢者の数は、年々増加していると言われています。予防に効果的なのは食事です。毎日、栄養バランスのとれた食事を摂ることは、健康だけでなく、若々しい脳の機能を保つのにも効果的です。認知症の原因となる、動脈硬化や高血圧を防ぐことになるからです。具体的に言えば、塩分やコレステロールを多く摂取し続けると、動脈硬化や脳梗塞を招き、認知症につながります。また、体内に活性酸素が多く発生することも悪玉コレステロールを酸化させるので、動脈硬化を引き起こす原因となります。意識的に、抗酸化物質を摂る必要があります。

効果的な食品や栄養素

認知症の予防に効果的な食品はいくつかあります。1つ目は、オリーブオイルです。オレイン酸が多く含まれているので、血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させ、動脈硬化の予防になります。2つ目は、青魚に含まれるDHAやEPAです。血液がさらさらになり、血栓ができにくくなるので、認知症だけでなく生活習慣病の予防にもなります。3つ目は、果物や野菜、緑茶です。ビタミンCやビタミンF、ポリフェノールなどの抗酸化物質が豊富です。これらの抗酸化物質は働きが違うので、色々な食材を摂る必要があります。外食が多く野菜不足な方には、野菜ジュースで補うのも方法です。4つ目は、大豆や卵、レバーなどに含まれるコリンという栄養素です。記憶力を高める効果があると言われています。

より高い効果を得るために

魚

DHAを十分に摂るようにすれば、動脈硬化を予防するのに効果があります。おおよその目安としては1日に1000ミリグラムほど摂るとよいでしょう。また、アレルギー体質の改善目的の場合にはEPAも合わせて摂ると効果がより高くなります。

もっと読む